BOOKS 連載「瓜食む記」更新しました

hitofushiには今年の新米が届きました!

タイミングよく、もうそろそろお米が必要・・・という方、今年の実りを是非ご堪能くださいね。

 

最近、小麦を控えています。

炭水化物ダイエットとか言うことではないんです。

全部の食事に「ご飯」を食べるようにしようと思ったのが一番のきっかけで、しかもそんなに厳しく避けている訳では無くて、差し入れにいただくオヤツやパンはありがたくおいしくいただいているので、あくまでも積極的には摂らないという程度のスタンスです。

 

忙しいとついついパン食で一食済ましてしまうこともあったのですが、やっぱりおなかにキープしていられる時間がどうも短くて、またすぐおなかがすいて本来は必要の無いはずの間食をしてしまうのです。良く無いことですね。

日本人が主食にして来たお米を、そう、お米でしっかり炭水化物を取ろう!と。

 

なので、白ご飯を今まで以上に、かなりもりもり食べています(笑)

 

空腹に至る速度はかなりゆっくりになりました。

そしてこころなしか調子も良いように思います。

ご飯、大事ですね。

と、いうことで普段から待ちかねている新米ですが、今年はいつもに増して嬉しいご馳走なのです。

 

 

 

内職さんと作り置き料理のレパートリーのお話をしました。

 

「バリエーションが少なくて」とのことでした。

 

料理自体のバリエーションを増やしたい問題も一つですが、

まとまった数のつくり置きをする時に気をつけたいのが似た味付けの料理に仕上げないということだと思っています。

 

わたしの場合状況によって5〜7品を一度につくり置きします。

 

日常使う調味料ってある程度決まっています。

煮物なんて酒とみりんと醤油で味付けするのが定番ですからどうやったって似てしまいます。

なので「風味」を変えることの出来る素材に結構頼っています。

ごま、柑橘果汁、ピーナッツ、梅、シソ、味噌、八角、生姜、山椒・・・などなど

昆布や鰹節は出汁をとるだけではなく風味を活かす食材として使います。栄養価もありますものね。

 

hitofushiで人気の「柚子唐辛子うまみ」もまた風味を楽しめるアイテムです。

是非お試しを。

 

 

 

 

さてさて。

今月のBOOKSを更新いたしました。

 

今月は「瓜食む記」。

 

1歳児を育てながら引越と部屋の片付けをするという壮絶な状況を

 

いろいろ試行錯誤しながら真面目に取り組む様子が

 

失礼ながら滑稽でもあり・・・(笑)

 

お父さんお母さんの大変さがうかがえます。

 

 

是非お茶のお供にご覧くださいませ。

 

瓜食む記ー子どもとの日々 「洋服ブラシと部屋の片付け」