春待つ球根

今朝の吉野はマイナス5度だったそう。

東北地方は大変な積雪になっているようですね。大阪も冷え込みが厳しいです。





一月の中旬までは何となく緑の葉が付いたままの状態だったクレマチスは

中頃に降った久しぶりの雨を境に全ての葉を落とし、すっかり枯れ色の蔓だけになりました。



かと思えばライラックやクリスマスローズには若い花芽が芽吹いて来ていて

嬉しい春の兆しを感じさせてくれます。





カナブンの幼虫かなにかに食べられてダメにしてからしばらく植えずにいたヒヤシンスを今年は久しぶりに植えてみました。

いまのところ、ちょっと角を出したままの状態でちっとも成長しているように見えませんがちゃんと咲いてくれるでしょうか。











ヒヤシンスとか、水仙とか、ムスカリとか、原種に近いチューリップとか・・・

球根のお花って好きです。



2月、球根のお花販売会とか・・・ どうかしら。



ヒヤシンス





※お知らせ/本日1月30日は都合により18時45分頃に閉店させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。