入荷情報|新茶が届きました。

定着した一日の時間割が変わると、新たな時間割に身体が慣れず疲れが溜まる。

それがまた若い頃に比べると一段と。

 

身体の中にドロドロしたものが滞っている感じがします。

 

季節の変わり目でもありますものね。

瞼を上げておくのにも力が要る・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今年は春から「初めて見る昆虫」と出会う事が多いです。

 

 

しかも

 

家で 笑

 

 

先日の女王蟻もそうですが、その前に先々月「キイロテントウムシ」というのも飛んできました。

 

ご存知ですか?全長3mmほどの小さな小さな黄色いテントウムシ。

 

写真も撮ったのですが、虫が苦手な方もいらっしゃるでしょうから敢えてここには載せませんが

「なにこの子!かわいい!」と、虫に思ったのは初めてかも。

 

仕事中のキーボードに飛んできたので

そのまま検索し、名前と生態を調べたところ

その小さな黄色いテントウムシは「うどん粉病」などの草木の病原菌を主食にしているのだとか。

「菌」を主食にする虫がいるなんて!生物の生態系ってすごいですね。

 

 

 

 

と、今朝は普通のテントウムシよりひとまわり小さいくらいで

カナブンのように七色に光っている虫が・・・居りました。

 

 

 昆虫の出入りが自由すぎますね。

 

 

カナブンは本当に苦手な昆虫なのですが、このサイズならまだ大丈夫。

手に乗せて観察。

そして調べてみましたらアカガネサルハムシという名前の虫で

ぶどうの葉っぱなどを好んで食べる子らしいです。

 

 

生態系の中でそれぞれ役割があったとしても、

人間にとって都合のいい子は「益虫」

都合の悪い子は「害虫」って言われるんですよね。

生態系の中で一番悪いことをしているのは間違いなく人間なんですけどねっ。

 

 

 

 

 

 

 

さて。

吉野の嘉兵衛本舗さんから今年の新茶が届きました。

 

 

 

 

 

湯を注ぐと柔らかく透明感のある新茶ならではの茶葉が

ふんわりと広がっていきます。

 

そして爽やかな良い香り。

 

 

 

昔から、今年最初に芽吹いた茶葉には大地の生命力がぎゅっと詰まっていて

「飲むと寿命がのびる」と、縁起の良い飲み物とされてきた新茶。

 

 

今日はドロドロした身体を元気にするために

濃いめに出して氷で冷茶でいただきました。

 

 

 

緑茶には、ほうじ茶や麦茶にはない甘みと心地よい苦味があり

冷茶にすると口の中を爽やかにしてくれるように思います。

 

 

 

 

 

マスクをしているせいで口の中の不快指数が高い今夏・・・

 

冷たい緑茶で気持ちよく潤してくださいね。