十五夜

明日は十五夜。

中秋の名月です。

 

旧暦の8月15日は秋の真ん中と考えられていたので十五夜、中秋と言われます。

 

名月なんて言うので

お月見は「満月」なのでしょ?と思いがちですが

満月とは限らない・・・というかそうで無いと言った方が良いかも知れません。

 

 

 

この時期はそろそろ稲の収穫の頃です。

 

 

サラサラ夜風にゆれる稲穂

 

・・・・・・・カサカサカサ・・・

 

 鈴のような秋の虫の声

 

    チリリリリ・・・・・・・・・

 

そんな景色を太陽とは違う穏やかな光で照らす秋の月。

 

 

 

 

昔の人は、

欠けては満ちる月に連綿と続く命の循環を思いながら

今年の収穫を神様とご先祖さまに感謝したのでしょうね。

 

 

 

 

 

今年は、ご自宅のテラスにお友達をお招きされて

お月見を催されるというお客様が、その仕度を調達にお越しくださいました。

とてもとても素敵ですね!

お月見だんごをお供えするために三宝もお家に初めてご用意されるとのことで

向きやお供えの仕方を教えて差し上げました。

 

 

最初想定されていたよりも沢山のお友達が、一緒にお月見したいと集まられるそうですよ。

 

 

 

ハロウィンパーティーも楽しそうですし、グッズもかわいくてみているだけでウキウキしますが(笑)

来年は、お米の収穫を感謝するお月見パーティーなんていかがでしょう。

新米で作ったまんまるおにぎり。

月見の食卓ならば二つに割ったゆで卵も「まん丸お月様」を写したご馳走です。

 

 

ご家族だけのお月見ならば今からでも準備は間に合いそうですね。

明日は晴れそうです。

良い月に逢えますように。

 

 

 

 

 

 

永らく欠品していましたオリジナル塩みかさ饅頭「月兎波」が入荷しました。

満月とウサギと波

お月見の菓子にどうぞ。