歳時記|野雉始鳴(きじはじめてなく)

小正月も済み、お正月気分からいよいよ日常へ。



今日は小寒の末候「野雉始鳴(きじはじめてなく)」。

大阪市内で雉を見かけることはありませんが、大阪でもすこし田のある郊外へ行くと意外に良くであう鳥です。姿を見ることがなくてもケーンと響く声が聞こえて来たり。



雉は春の季語。

野雉始鳴(きじはじめてなく)はまさに春の始まりを告げる一声のようですね。





今日はhandさんのパン販売の日。



hand パン



まぁるい顔のゴルゴン君はゴルゴンゾーラとポテトが入った新作君。

ほそながい顔のソーセージ君と並べるとセサミストリートのアニーとバードみたい。



Handさん来月のパンの日は20日の月曜日です。

ちょうど布仁美さんの手まり展期間中ですから、手まり展も一緒にお楽しみくださいますように。