入荷情報|讃岐かがり手まり

讃岐かがり手まり



実店舗に讃岐かがり手まりが入荷いたしました。



先日のネットショップへのオリーブ島手まりに続く入荷情報で、手まり続きになりますね。私自身が手まり好きなので、ついついおすすめしたくなるようです(笑)





讃岐かがり手まりは草木染めの木綿糸を使った手まり。

ふんわりほんわかした雰囲気です。



円周15cmと20cmの2サイズで、3150円〜。



化粧箱付きですので、贈り物にもどうぞ。









さて。

ずっと欲しかった琺瑯のぬか漬け容器を購入しました。

これからこの容器で糠床を育てていきます。





昔、父はイボイボの白いキュウリのぬか漬けが好きで、母が青い普通のキュウリのぬか漬けを作ると、少々不服そうにしておりました。確かに白いイボイボのキュウリはおいしかったのですが・・・そういえば大阪では見かけたことがありません。



不思議に思っていたら、それはそのはず、

あのキュウリは奈良でしか作られない大和野菜なのだそう。





果皮が固くて、主に漬け物に利用される黒イボ半白系という品種で、戦後は白イボ緑色果系のキュウリが一般的になって、今は奈良でも一部でしか栽培されていないのだそうです。



そう判るとどうしても半白キュウリの漬け物を作りたくなるのは

大和の人間のサガでしょうか。

田舎に帰ったら、探して買って帰って来ようと思います。







子供の頃に食べた味が、最近妙に恋しくなることがあります。

それくらい、子供の時に得た感覚には大きな影響があるのかもしれません。





豪華じゃなくても、丁寧なものを食べないといけませんね。