歳時記|嘉祥(かじょう)

嘉祥



今日、6月16日は嘉祥(かじょう)の祝。



起源ははっきりしませんが、菓子にゆかりのある日で、昔からこの日は疫病よけを願って和菓子を食べる日です。ヒノキの葉を敷いた折敷に七種類、十六種類の嘉祥菓子を供えたり、大阪では16種類の漢方が入った「笑わず餅」を食べたり、様々な言い伝えと風習が残っています。



そんな訳で、私も今朝から「錦玉紫陽花」作り。

ささやかにお店にお供えしました。





冷房や浄水の設備が無い時代、

夏の疫病をお払いすることはとても重要なことだったはずです。



高価なお砂糖を使った菓子を沢山食べて体力を付ける・・・

そんな思いがあったのかもしれませんね。





元気に夏を越せますように。



今日のおやつは和菓子にされてはいかがでしょうか?



錦玉紫陽花