TOKYO LEATHER FACTORYのバッグ

さこうゆうこさんの作品。

ヒヤシンスのポットは2個

ムスカリのポットは9個になりました。

 

ムスカリはまだまだこれから育てる楽しみがある状態の球根とセットされています。

出遅れのご心配なく。

ご覧にお越しくださいね。

 

 

 

 

 

 

リニューアルしてから取り扱いさせていただいている

TOKYO LEATHER FACTORYのピッグスエードのバッグ。

 

ヌバックのような上品さ。シルキーな風合い。

軽くて ラフに持ててちょうどいい。

 

 

 

 

 

 

何よりいいのが

土、泥、コーヒー、醤油などがついたって

中性洗剤で洗えるというところ。

 

 

 

1948年から東京の墨田区で革作りをする会社さんが丹精込めて作っておられます。

豚の革は毛穴が貫通しているので通気が良いとか

国内需要を国産で賄える材料だとか(むしろ輸出するほどだそうです)

工場でお聞きするまで知りませんでした。

 

 

 

 

 

私、バッグを床に置いたりしないようにはしているのですが

仕事柄、あらゆる現場にお邪魔することも多く、結構汚すのです。

なので洗えることは非常にありがたい。

 

洗うと洗い晒しの風合いに。

経年変化を楽しめるのだそうで、

今はまだ洗うほど汚していないのですが、いずれ洗ってみますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのお色も大人っぽくて素敵。

付属の革紐で、肩からかけるようにもできます。

 

 

 

大人の女性に持っていただきたいラフな袋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひご覧にお越しくださいね。

 

 

よろしくどうぞ。