毎日のプリン

すっかり習慣になったプリン作り。

同様に、余った卵白のいい加減ケーキも週に一度は焼くように。

 

おかげでスイーツを外で買うことがなくなりました 笑


 

おやつには不自由しない我が家です。

 

 

 

最初はココットで作っていたプリンですが、ココットの数が少なくて

倍量を作ろうと思うと少し足りない・・・

 

火の通りが変わる為、容器は揃えた方がいいので

数が揃う、実家で母が使っていた年代物のアルミのプリン型を使うようになりました。

 

 

 

 

ココットとアルミ型では当然熱伝導も変わるわけで、

もう一度アルミ型でベストな火力と加熱の時間を調整し

最近は、なかなか良い状態の物がムラなく作れるようになってきました。

 

 

 

ただ、

ココットの時と変わらず容器のまま食べるので

金属のスプーンだと型との接触感が気持ちよくない・・・

 

木製のスプーンも持っているけれど、小さいアルミの容器との相性がイマイチしっくりこない・・・

 

 

 

 

そこで思いついたのがお塩少々匙!

 

 

 

 

 

さじの部分が薄いので型の壁面や底のプリンも綺麗に取れそうです。

 

まずは我が家の塩ツボの中にある子を試しに使ってみようと思います!

 

 

 

 

 

 

薄くて軽いのですが、りんごの木でできたこのお匙は硬くて丈夫。

お出かけ用の離乳食スプーンにも便利だそうです。

 

 

 

 

夏場はカップのアイスにもおすすめですよ。

 

皆さんのおうちのプリンにもぜひ!

よろしくどうぞ!