ANDADURA  Over the rainCow

いつまで降るのか・・・

 

 

 

 

何年かに一度の豪雨が毎年何処かで降るようになりました。

 

 

 

二年前の7月、西日本豪雨で岡山にあるANDADURAさんの工房は

背に及ぶ高さまで浸水してしまいました。

 

近々、移る予定だった新しい工房への移転を進めつつ

豪雨の始末をしつつ。

長く大変な時間がありましたが

そんな中でも平素と変わらず山本さんは新しいことをイメージされていました。

 

 

 

 

 

 

 

今回発売された「Over the rainCow」シリーズは

 

革屋さんにメンテナンスに出した豪雨に浸かって濡れてしまった革を使った製品です。

 

 

 

 

 

 

 

「Over the rainCow」は、オーバー ザ レインボウをひねったネーミング。

 

 

小物ですが、ANDADURAさんらしい細かいこだわりのもと作られています。

 

 

 

 

○ カードケース or 名刺入れ

名刺とカードは名刺の方が5mmほど長く、カードの方が厚みがあります。

カード5枚と名刺5枚の外周は、ほぼ同じになることに気が付き、カードか名刺が5枚収まります。

カードを5枚収めた時のふくらみが、輪郭とつながるようにRが整えられています。

名刺5枚を収める際はふくらみは生まれず、胸ポケットに入れるのにちょうど良いフラットな形です。

 

・size : w103×h64(mm)

・price : ¥2.000+tax

 

 

 

 

 

○ キーリング

金具はゴールドとシルバーの2種類。

ゴールドは真鍮生地、若干ツヤ感が少ないシルバー(真鍮にガラニッケルというメッキ)

・size : w30×h80(mm)※キーリング含む

・price : ¥1.200+tax

 

 

それぞれ、豪雨で濡れた革の在庫限りのお品で、

京町堀店と土佐堀店とでお取り扱いさせていだきます。

 

 

 

ANDADURAさんのより多くの作品をご覧いただける展示を

京町堀本店にて8月29日〜9月5日まで開催予定です。

展示の時までお財布の使用感をお試しいただけるレンタル財布もご用意しております。

 

お気兼ねなく、是非レンタル財布をお試しくださいね。

 

 

 

Over the rainCow

早速一点ずつ購入しました。

 

 

皆様もどうぞ。