神楽南蛮&田子節みそと七味

記事のカテゴリーにレシピというのを作りました。

 

細かい分量を書いてもないので

レシピと呼べるかどうか判らないものばかりですが・・・

 

hitofushiで販売している調味料関係を、お家で活用していただく参考になればと

探しやすいようにソートしました。

 

 

 

 

 

 

家に中途半端な量の南瓜と中途半端な量のメークインが残っていました。

なので、二つを合わせて「かぼちゃとポテトのサラダ」に。

 

 

 

 

 

 

 

南瓜は洗って皮ごと。

メークインは皮を剥いて。

それぞれ製氷機の氷くらいの大きさ(一口大というのか?)に切って、

一緒のお鍋で軽く塩を入れて茹でます。

 

茹でてる間に玉葱をあらみじんに。

甘味を出すのに火を通したいのでラップに包んでレンジへ。

透明になるまで加熱。

 

南瓜とお芋が茹で上がったら湯を切って

  ざるにあけてもいいですが、洗い物が増えるので

  中身をヘラで押さえながら流せばいいと思います。

  少しの水分が残ったら鍋の余熱で飛ばしましょう。

  飛ばなかったら一瞬弱火を着けて蒸発させても。

 

湯を切った鍋に加熱した玉葱を投入。

 

具材が入った鍋にマヨネーズを絞って、スプーンですくった神楽南蛮&田子節みそを入れて

ヘラで混ぜたら完成です。

 

 

 

 

 

 

 

使ったジャガイモがメークインなので、男爵のようにほくほくしないのがミソ。

メークインの食感とシンプルなジャガイモの風味が味わいの一つとして効いています。

 

ヘラで混ぜるときも芋と南瓜を潰した滑らかサラダを目指さないでください。

ただ、混ざるようにだけ意識して混ぜる。

自然とかぼちゃだけが半分くらい潰れて、メークインに絡んでくれます。

 

 

 

 

 

と、もう一皿。

吉田ふるさと村さんの七味を使った七味胡麻和え。

 

これはふるさと村さんの、風味重視の七味だからこそ美味しい料理。

胡麻和えのゴマをするときに、すり鉢にふるさと村さんの七味も一緒にすります。

擦ると香りの成分が広がってさらに香りが立ちます。

私は目分量で大さじ2杯くらいのゴマに七味小さじ 1/2くらいの割合。

 

いつもの胡麻和えに少しのピリリと風味がプラスされて

ちょっとおしゃれな味になりますよ。

 

 

 

 

 

動きと時間をミニマムに

美味しく味わう時間の方をたっぷりと。

 

 

よろしくどうぞ。