仕切り直しの六月

今年は何かとイレギュラーな年。

 

なので余計に月日の経つのが早く感じます。

 

 

気がつけばもう一年の折り返しで、

茅の輪をくぐりに行かないとね・・・なんて話をしています。

 

郷里にある旧官幣大社の宮司さんから

所謂「穢れ(けがれ)」って、悪いものがついているイメージがするけれども

もとは「気枯れ」で、心が弱っている状態を言うのですよと

お聞きしたことがあります。

 

悲しいことがあったり

日々の物事で疲弊していたり・・・

確かに

病は気からとも、笑う門には福来たるとも言うように

心が弱っていると物事はプラスに動かないと思います。

 

「気枯れ」を紙の人型に移して、川に流す。

六月三十日の夏越の大祓は、残り半年を元気に過ごすために

気持ちの仕切り直しができる節目の行事です。

 

 

みなさん今年の半年は、例年以上にお疲れになられてのでは無いでしょうか。

 

夏越の大祓。

茅の輪をくぐって心をリニューアル!

残りの半年、また元気に頑張りたいと思います。