カルシウム

Classic koの作品は、デザインに明確なイメージがあるものが多い。

 

dot'sというデザインは雨の滴をイメージした作品です。

 

連なる滴は

「幾何学的でモダン」「小紋のような古典模様」

対照的ともいえる二つの印象を併せ持っています。

 

左右で反転する色使いは、アバンギャルドすぎない品の良い遊び心。

 

ちょうど良い匙加減です。

 

 

 

 

個人的に、

dot'sシリーズの中でも、Square dot’s(スクエア ドッツ)は

白蝶貝に添えられた小さなアコヤ真珠が

雨の滴の集まった先の、今にも落ちそうな水滴を感じさせて

真珠を含めて完全にイメージが仕上がった作品だと思っています。

 

 

 

 

 

今日は、そんなスクエア ドッツを撮影しました。

 

 

 

 

珊瑚の上。

 

 

 

 

 

蒔絵をほどこした楕円のベースも

小さな真珠も

少し前まで、しばらく前まで珊瑚と同じ海の中に居たもの。

 

 

そして、

 

 

 珊瑚、白蝶貝、真珠。 全てカルシウムの表現。

 

 

 

 

 

自然が作り出したカルシウムの表現に

大下香仙工房が樹液「うるし」や鉱物「金」を装い

Classic koのジュエリーが生まれます。

自然とコラボする、なんて素敵な仕事でしょうか。



 

 

 

 

 

 

 

そろそろ梅雨入りの季節。

 

雨の日に滴を身につけて出かける・・・

 

 

 

かっこいいと思う。