詰まった形で販売します/曲げわっぱのお弁当

 

5月5日は端午の節供。

 

 

いまはこどもの日や男の子の節供として受け入れられていますが

由縁のひとつに「厄払い」の意味合いがあります。

菖蒲やヨモギも邪悪なものを祓うとされていました。

 

 

五月晴れ!の気持ちのよい季節。

本来ならみんなで集まって、思い思いの祝日を楽しみたいところですが

今年はそうも叶いませんね。

 

 

さて。

hitofushiオリジナルの定番商品に智頭杉の曲げわっぱがあります。

智頭杉とは鳥取県産の杉で、hitofushiではおなじみの

吉野杉を双璧をなすと言われてきたほど柾目の美しい良質の杉です。

 

 

ウレタン塗装のされていない無垢の白木の曲げわっぱが作りたくて

 

たどり着いたのが智頭杉を使って作っておられる職人さんでした。

 

 

 

 

 

 

お店でも、日頃からこの曲げわっぱをご覧になられるお客様は多いのですが

使いこなすのにハードルが高そう・・・と、今一歩を踏み出せずという感じ。

 

 

 

 

 

実際に詰めたお弁当をご自分で召し上がられたら

わっぱを使ったお弁当作りの参考にもなるはず・・・と、

この度、この曲げわっぱ弁当箱に

mikuriのお弁当を詰めて販売する

「端午の節供 曲げわっぱ弁当」を企画いたしました。

 

 

 

 

 

昨今の緊迫した状況下でも

気持ちを込めたお節供を迎えていただけたら

晴れやかになるのではと

 

そんな想いも込めています。

 

 

 

厄払いの意味も込め、五色をちりばめてお作りしました。

 

お弁当箱本体の価格が7000円で

お弁当を詰めて8000円で販売いたします。

もちろん、召し上がられた後は洗って乾かして

次はご自分でお弁当を詰めてみてくださいね。

 

 

 

 

節供のお弁当では使っていませんが

可動式のご飯の仕切り板もついています。

 

内容量550ml

 

 

まずはこの仕切りを使って盛り付けの練習をしてみてもいいですね。

 

 

 

 

端午の節供のお弁当はご予約限定、5月5日お渡しのみで

土佐堀店での販売になります。

 

ご予約は4月28日は京町堀店06-6225-7675 (11:30〜16:30)

5月1〜3日は土佐堀店06-6131-7727(11:30〜18:30)

 

ご希望のお時間にご用意させていただきます。

※他のお客様と時間が重なった場合は調整させていただきます。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

お子様からお年寄りまでお召し上がりいただける内容になっております。

このような時なので、生活圏内のお客様限定のものとなりますが

お弁当箱自体はオンラインショップからもご注文いただけますので

 

よろしければご検討くださいね。

 

 

 

 

よろしくどうぞ。