花は終われど

生けたムスカリが花期を終え、結実してきました。

 

花としてみるなら、もう見頃をすぎたのでしょうけれど

植物としてみれば、見飽きるどころか

結実していく姿も

花が色褪せていく紫の濃淡、乾いていく花びらと、

プクプクと肥えていく緑の実という

見どころが増えてとっても素敵。

 

この姿が映えるように

花の絵付けの器に生けかえました。

 

 

 

 

花の盛りの時には花同士が喧嘩してしまうので沿わないけれど

花が見どころではなくなったいまは

器の朱色が良くあって見えます。

 

 

 

 

よくよくみると結実した子が、紫の花びらを落とさず

ニット帽をかぶっているように頭に乗せているのがわかりますか?

 

 

 

なんてかわいい。

 

 

 

 

 

生きているんですね。

 

 

 

 

 

枯れた花を挿したままにして・・・と、ズボラな人だと思われるので

店ではこんな飾り方はできませんが 笑

 

家ではまだまだこの子の行く末を暮らしの楽しみにいたします。

 

 

 

 

 

さて。

スズ竹の米とぎザル三合用、五合用が入荷しました。

 

探している方が多いお品。

お米をとぐ為だけじゃなく、深さのあるザルは便利ですよ。

 

オンラインショップに掲載しています。

ご覧くださいね。

 

 

よろしくどうぞ。