焼きおにぎり

もしかしたら、お家で焼きおにぎりなんて作ったことがないご家庭も多いのかもしれませんね。

普通のおにぎりよりは少し手間な感じがしますものね。

 

思い返せば

 

我が家の母が焼きおにぎりを作るのは

夜、父のお夜食だとか むしやしないとか そのような時だったと思います。

 

白いご飯じゃちょっとね という時に

ささっと作ってくれていたように思います。

炊飯器の保温機能をフル活用していた昭和の家庭ですから

電子レンジはなかったのですが、割といつでも温かいご飯があったのでしょう。

 

季節によっては自家製で鯛味噌を作っていたりもしたので

そういうものがあるときはそれを使って、

ないときは醤油などを塗って。

 

記憶では オーブントースターを使って焼いていたはずです。

 

外がカリッと中はふっくら

おにぎりともお茶碗のご飯とも違う「ご飯の別世界」。

子供ながらに、こりゃ美味いと思ったのを覚えています。

 

 

 

 

記憶の母よりとっくにおばちゃんになっている私。

 

未だ鯛味噌は作ったことはありません。

だって、味噌のために鯛なんて!ちょっと手が出ない 笑

 

おかず味噌はもっぱら、摘んできた蕗のとうやよもぎ、安い牛肉の細切れなど作っています。

そういうものを作っては

思い立ったように焼きおにぎりを作ります。

 

何でしょうね、なんてことないものなのに

やっぱり美味いのです。

 

 

 

 

お家で焼きおにぎりなんて作ったことないわ!でしたら

ぜひ試してみてください。

 

1.おにぎりを作ります。

 

2.フライパンに薄く油を塗って中弱火で温め、おにぎりの全面(上下の面だけでもいいです)を

お米のネチネチ感がなくなるように焼き付けます。

 

3.最後に上下の面におかず味噌を塗ってもう一度焼き付けます。

味噌にちゃんと熱が入るように、ただし焦げつかないように注意。

 

これで完成!温かいうちに召し上がってください。

 

 

 

おかず味噌は、良かったらからみちょや神楽南蛮&田子節味噌を使ってみてください。

焼き上がりに味噌の表面にごま油を塗ると

テリが出て見た目の美味しそう!が増しますし、風味も足されるのでおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mikuriを始めてから 献立を考えることのプレッシャーに追いかけられているような日々ですが 笑

 

たまにこうやって「なんてことない美味いもの」を

適当に作ると 言い表しがたい ホッとするような気持ちになります。

 

 

 

 

 

家のうまい!は大切ですね。

 

 

 

からみちょ、神楽南蛮&田子節味噌は 実店舗両店とオンライン店鋪でもお買い求めいただけますよ。

 

 

よろしくどうぞ。