___________に 風を通す

キャッシュレス決済、使っておられますか?

 

○○payという決済方法については

私の周りは保守派が多いのか、

導入済みの人はまだまだ少ないようです。

 

私個人的には

興味もなくは無いんですが。

ちゃんと調べようにもその時間がないという感じです。

 

ただ、お金はほぼ持ち歩いていないので

可能な限りクレジット決済できるところで日用品を購入するようにしています。

 

 

昔は、クレジット払いだと、積算いくら使ったかわからなくなるという

心配もあったのですが

今は、日常の中に日用品や食材以外の買い物をする時間なんてないので

そんなことも考えなくてよくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

先日、

愛用している長財布の作者、ANDADURAの山本さんとお話しした時のこと。

 

キャッシュレス化が進んでいくこれからの財布について
皮で財布を作ってきた彼ならではの

多分、もう、もっとライトなものでよくなってくるんだと思う、という考えを聞きました。

 

 

 その時は、私はまだ彼の作った革の長財布を使っていたし、

 そんなこと、よく考えてもなかったのですが。

 

 

そして、彼はそんな時代の変化を悲嘆するわけではなく

こういう時代に、みんなの「財布」の概念に風を通すような

新しい財布を生み出したので、是非サンプルを使ってみて欲しいと提案しれくれました。

 

それが、_____に風を通す、ビニロンシリーズのお財布たちでした。

 

 

 

 

 

 

 

ビニロンとは。

 

1939 年に新合成繊維「合成一号」という名前で発表された

原料がすべて国産資源で賄えるという強みを持つ日本で発明された初めての合成繊維。

 

日本の化学分野の歴史資料の中でも特に貴重なものが選ばれる「日本化学遺産」にも

認定された、日本の化学工業が誇る今に生きる製品です。

 

シルクの生糸を輸出してきた日本にとって

アメリカで開発されたナイロン繊維は脅威となりました。

そんな中、ビニロンは日本の繊維産業の威信がかかった期待の星だったそうです。

 

ビニロンは、クラレ(当時の倉敷絹織)がビニロンの工業生産を初めて手掛けた岡山の地で

その誕生から約70年後、

縁あって関東から移り住んだ山本さんと出会いました。

 

 

 

 

 

 

山本さんが、このシリーズに_______に風を通すというタイトルをつけたのには

たくさんの意味があるのだと思います。

 

 

 

 

________の部分にはいろんな言葉が入ります。

 

 

 

 

期待の星として生み出されたビニロン。

今は「遺産」となってしまった繊維が、ANDADURAと出会って生まれた財布たちは

ビニロンの歴史に風を通すでしょう。

 

 

人の中にある財布の概念にも風を通し

 

 

牛皮革で財布を作ってきた山本さんご自身のこれからの創作にも風を通し

 

 

使う人の暮らしにも風を通し・・・

 

 

 

 

 

 

きっと、

もっといろいろなところに風を通すような製品になって欲しいなという

山本さんの想いが込められているシリーズだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

hitofushiでANDADURAの製品を扱うようになった時に

一点だけ迷いがありました。

それは、

「伝統の産業や工芸、昔ながらの職人の仕事」というhitofushiのセレクトの枠に

ANDADURAは当てはまってはいないということ。

ただどうしても、財布はANDADURAのものを扱いたかったのです。

そう思わせる、納得させる製品力があったのです。

 

 

_____に風を通す ビニロンシリーズは

私とANDADURAの間にも風を通してくれました。

8、9年ごしに吹いた風。

 

まさか日本化学遺産の素材を使った製品がANDADURAから届くようになるなんてね。

 

 

 

 

 

このビニロンシリーズの全商品、全カラーを約1ヶ月間

京町堀hitofushi本店でご覧いただけるANDADURA月間が3月28日から始まります。

(3月28日から4月25日まで)

 

4月1日は夕刻頃まで山本さんも在店してくださいます。

 

 

 

製品には______に風を通す のカードをセットしてお渡しします。

____の中にはみなさんが好きな言葉を入れてください。

 

 

春、新しい生活が始まる自分のために、誰かのために。

風を通すアイテムになってくれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

ビニロンシリーズのサンプルを使うようになって数ヶ月。

私とお財布との関係がどうなったか。

 

もうすっかりビニロンシリーズで事足りる・・・いえむしろ

これが使い勝手のいいサイズ感なのだと気付くこととなりました。

 

風を通されてしまったのです。笑

 

 

 

 

 

3月28日から4月25日まで

見にいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

ネイビーとオレンジはこの期間だけの限定カラーです。

 

 

 

 

 

 

これが想像以上に使いやすかった。

 

 

 

 

 

今はこのタイプを使っています。

 

 

 

 

中のベロが大きいお札と分けれるようになっています。

山本さんらしい気遣い。

 

 

ほんと。