庭の桜

家に桜の木があると、花の頃は良いのだけれど毛虫や落葉の頃は大変なんて聞きます。

 

まぁそうだろうなと察しはつくのですが、それでも

やっぱり羨ましいものです。

 

少し前までご近所のお家のソメイヨシノを

借景で楽しませていただいていたのですが

家を解体するとともにその木も切られてしまい・・・

 

本当、可哀想でした。

 

 

 

かくいう我が家にも桜の苗木があります。

 

地植えではなく鉢植えで、買ってきたのではなく

空いた鉢の真ん中に鳥がタネを落としてくれたもの。

このことは以前にもこのブログで書きました。

 

あれからまたさらに育ちました。

 

 

 

今年こそは花がつくのかな?と楽しみにしていたのですが

残念ながら、見る限り花芽はなさそう。

 

タネから育った桜は一体何年くらいで花をつけるのか・・・

調べてみましたら5〜10年かかる場合もあるのだとか。

 

だとしたら、今年でこの株は4年くらい。

来年以降咲く可能性も!

どんな花が咲くのでしょう?待ち遠しくて仕方がないです。

 

今のところ特に手入れもしていないのですが、

ちょっと大きい鉢に写してあげるなどした方が良いのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

大阪のソメイヨシノもポツポツと咲き始めました。

 

 

 

きっと今週末くらいが見頃でしょうか。