正月事始め

明日13日は正月事始め。

しめ縄教室もスタートします。

 

お客様はクリスマス会の準備の方が多く、プレゼント交換の品を探しに来られますが

店内はクリスマス通り越してお正月ムードでいっぱいです。

 

 

一番奥のお飾り根つき穂つきは

稲わらを根も穂もついたまま縄にしているとてもめずらしいもの。

 

しっかり根をはって、沢山実るように!

という縁起の良いお飾りで、しめ縄ではないので屋内に飾っていただけます。

 

お商売をなさっておられる方には特おすすめのお飾り。

 

 

 

 

 

 

そして人気の亀さん。

 

かわいいと言われるのは小さい亀さんですが,おすすめは大きい亀さん。

今回は尾がめずらしい黒米でつくられています。

 

青い藁は徐々に黄色くなりますが、黄色くなっても尾の紫黒とのコントラストが美しく見応えがあると思います!

そして、大きい子は出来れば置くより吊るのがおすすめの飾り方です。

 

顔を上に吊るすのですが、美しい稲穂が滝のように垂れるのを楽しめます。

 

 

 

私達の主食、お米って本当に美しいですよね。

見ていて誇らしくなります。

 

 

 

 

そして毎年大人気のお餅!

 

 

 

 

今年は、白い丸餅と玄米餅のほかに、めずらしく五穀餅も届いています!

 

 

お雑煮には白い丸餅。

玄米もちには少しだけお塩が入って下味があるのでオリーブオイルでシンプルに。

 

五穀餅はきっとおぜんざいや餡子やきな粉に良く合うと思います。

と、いうことで今年はmikuriのお善哉も五穀餅を使ってお出ししようかと思っております。

mikuriのお善哉、明日炊きますね。

 

 

 

 

 

そして、玄米餅のこんな食べ方もご紹介します。

 

 

 

 

焼いた玄米もちに野菜餡をかけたものです。

 

今回は大根、人参、白葱を千切りに、カツオと昆布でひいた出汁に酒と味醂と薄口醤油

最後にお塩で味を整えたら溶き片栗粉でとろみをつけました。

お野菜はお好みで変更しても良いと思います。

 

厨房でまかないに作ってあげました。

やさしい味で大変美味しくいただけました。

お餅は数秒レンジで温めてから焼くと焼き上がりまでの時間がぐっと短縮できますよ。

 

 

さぁ。

わたしもボチボチと、なま酢など漬け込むお節料理の仕度から始めようかと思います。

正月事始め。

年賀状の仕度も急がなくては!

 

 

 

※五穀餅だけオンラインショップに掲載していません。

ご要り用のかたはほかのご注文の備考欄か、お問合せにてご連絡下さいね。