一年いちねん。

来年のイベントスケジュールが大凡出来上がってきました。

 

まぁ・・・

一年の早いこと。

 

きっと去年より、一歩前に足を踏み出せている。と、

確信できる一年を過ごすこと。

 

 

これはずっと変わらない信念で、これからもそうでありたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

祖父、95歳。

いまだに本を読んで勉強し、新しい知識を得ることに喜びを持っています。

尊敬しかないです。

 

ワタシ、祖父の足もとにも及ばないけれど。

少しでも賢くなれるよう、来年も目標をもって頑張りたいです。

 

 

 

スタッフ、23歳。

やりたいことがたくさんでエネルギーに満ちあふれています。

 

 

 

自分にもこんな時があった?のかもしれません。

ただ、私にはやりたいことは沢山ありませんでしたが。

 

若い時の尊いこと。

 

 

 

 

今,人の作ったものではなく

すぐ身の周りにある自然の景色や音や香り、

心の底から泣いたり笑ったり怒ったり悔しがったりすることから

沢山のことを吸収して、豊かな感性を育んで欲しい・・・と

そんな想いで見守っています。

 

 

 

 

 

音響の学校に入学する前に出された宿題に

「今、目を閉じて聞こえる音を、毎日日記にしてくるように」というものがありました。

奈良の吉野の田舎。

目を閉じても今居る大阪市内のように様々な音は聞こえてこなくて、書けることと言えば

たまに鳥の声とか

たまに向かいの銀杏の葉っぱの音とか

たまに母が家で何かしている音とか

ときどきの車の音とか。

派手さがなさ過ぎて恥ずかしくて、こんな日記を提出するのがすごく嫌だと思ったことを覚えています。

 

けれど、今思うと

それが私の財産になっていて、そんな些細なものごとを

愛おしく集めておくことの大切さを若い子たちに伝えようとしているんですから面白いものです。

 

 

それぞれの一年いちねん。

 

 

今朝、そんなことを考えながら

今、なにが聞こえているだろうって耳をピンとたてて歩いてきました。

 

みなさんも今、なにが聞こえていますか?