蒔絵と螺鈿|Classic Ko 展|9日まで

 

 

漆を用いた金装飾技術を手元でご覧いただけるのもあと少し。

 

1日からはじまったClassic Ko EXHIBITION も9日で終了をむかえます。

 

 

 

店内には、作家さんが自ら持ってきてくださったルーペがおいてあり、

その素晴らしい細やかな技術を細部までご覧いただけるのです。

 

今回、

お教室で一般の方々に蒔絵と螺鈿の技術を体験いただいている様子を

まじかで見させていただきました。

 

粘り気のある漆を使い、まっすぐな線を描くのがいかに難しいか。

 

漆の上に夜光貝のチップをのせる難しさ。

 

 

熟練した職人さんの素晴らしい技術がつまったアクセサリー。


 

帯留めにと購入されたものをブローチ金具へ。

など、用途にあわせて購入後のパーツ交換も承っております。

 

私達作り手が生きているかぎり、対応させていただきますよ。と

五代目の大下香征さん。

 

日本の素晴らしい伝統工芸を親から子へと受け継いでいき

これから先も残していきたいですね。

 

 

 

オンラインショップでも数点お取り扱いがございます。

カテゴリーのファッション雑貨から検索くださいね。

 

お問合せも随時承っております。