京都ランチ

昨日はオフ。



元スタッフと京都で待ち合わせして「じき宮ざわ」さんへランチに行ってまいりました。




そんな頻繁には行けませんが、

それでもこんな風にフラッと京都の割烹に出向くことが出来る距離感を、

贅沢でありがたいことだなぁとつくづく思います。


京都にはわざわざ新幹線で来られる方も多いですものね。





宮ざわさんでいただくのは初めて。


素材の品を活かしたお料理を

静かに受け止めるような器使い。

窓越しの青紅葉が一層映えて見えて。


身体に染み込むような滋味を堪能いたしました。






壁の花入れには白撫子(シロナデシコ)が。

撫子は秋の七草ですが

襲の色目では表が白で裏が蘇芳の組み合わせを

白撫子と呼び夏の装いに用います。



ご主人34歳だそうです。

お若いのに素敵なお計らい、、、勉強させていただきました。




来月は貴船で鮎をいただく予定。


より一層楽しめるように、日々お仕事頑張らせていただきます。