祇園祭

体温より高い温度の暮らし。

しかも夕立で冷やされることも無く夜を迎える毎日。

 

アスファルトに蓄積された熱に包まれる大阪市内です。

 

 

京都では今日が祇園祭りの宵々山。

ちょうどこの連休が祭りの見どころに当たるので相当な賑わいになることでしょう。

 

 

夏祭りの季節ですね。

 

 

夏祭りと秋祭りとではそもそもの主旨が異なっていたりします。

 

秋は、収穫のお礼や祝いとして神さんをおもてなしして一緒に喜ぶ意味のものが多いのですが、

 

夏のお祭りの場合、疫病や災厄を払ってくださいと神さんに祈る意味で始まったものも多いのです。

 

 

祇園祭はその顕著な例で

 

衛生管理の行き届かない水事情の中での、マラリア、天然痘、インフルエンザ、赤痢、はしかなど疫病の流行

富士山の噴火

陸奥の大地震と大津波

など、全国的に不穏な物事が続いたため

災いをもたらす悪霊を鉾に移らせてお祓いしたのが始まりでした。

 

 

平穏な時代が続くと祭りはもとの意味合いよりも華やかににぎわうようになり

お祓いの意味をもつ鉾に並んで

鉾を見学する人を乗せる山が出るように...こうして山鉾巡行となったのだそうです。

 

 

 

 

はしかが流行ったり

大地震や津波があったり

大雨があったり

 

このところの日本から

祇園会の起源の御霊会が始まった800年代に漂っていたであろう不穏な空気を

想像できるような気がします。

 

 

 

祭りへの気持ちも

そろそろその本質へと戻る時なのかも知れませんね。

 

 

 

こんな時だからこそ、盛大に山鉾巡行して欲しいと強く思います。

 

 

 

 

 

 

さて、hitofushi

京町堀ショップは明日と明後日は定休日となっております。

 

 

土佐堀店は明日も通常通り営業しております。

mikuriのみたらしだんごパフェでも食べながら

午後のひとときを過ごしてみませんか