汁椀のこだわり

日々のお味噌汁のお椀は何をお使いですか?

 

汁椀ひとつとっても、各家庭の定番があるもので・・・

 

私の実家ではずっと木製の汁椀が使われていたので

とあるご家庭で、お味噌汁も陶器の碗で召し上がられると聞いた時は多少驚いたりもいたしました。

 

 

別にかまいませんものね。

おどろくこともないのですが。

 

 

少し、指先が熱いのでは・・・と、心配いたしますが、

それが定番のご家庭であれば、そのようなことも問題にはならないでしょう。

 

 

 

 

 

 

我が家で普段から愛用しております汁椀は、高台も一体化した刳りもの。

ようするに

 

  木のカタマリを刃物でくり抜いて(削り出して)椀に仕上げたものです。

 

 

高台が一体化したというところが私の妙なこだわりで、

この度飲食店mikuriを始めるにあたっても汁椀はそれを前提でセレクトいたしました。

 

 

その他こだわったのはサイズ感と仕上げとフォルムです。

 

 

たなごころに収まる小振りなサイズで、

店舗で多少ハードに使っても難のないようにマットウレタン仕上げ。

なによりフォルムは「主張の無い佇まい」であること。

 

 

そうして辿り着いたのが現在mikuriで使用している椀なのです。

 

 

 

 

 

 

お陰様でお客様にも好評で、

mikuriでご飲食されてから椀を購入してお帰りになられるお客様もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

この椀、姿は二種類、木の種類は桜と楓とがございます。

 

 

 

 

 

こちらが桜ですね。

 

 

 

 

そしてこちらが楓です。

 

 

 

 

 

一つずつ木目がかなり違うのも素敵なところです。

 

 

 

 

 

 

こちらの汁椀、hitofushi土佐堀店でのお取り扱いで販売もいたしております。

是非、たなごころに乗せて良さを感じてくださいね。

 

 

陶器の夫婦茶碗よりも結婚のお祝いにおすすめしたいお品でございます。

 

 

 

 

 

お椀のお話でございました。

 

 

よろしくどうぞ