2月のワークショップのお知らせ

ようやくしめ縄教室に使った藁たちを片付けました。

 

先日の祝日に吉野へ行ってまいりました。

寒かろうと予測していたのですが、道中の車内は陽射しがポカポカどころか暑いくらい。

 

冬至からそろそろ一ヶ月。

お日様の蘇りを実感いたしました。

 

 

さて、2月の暮らしの教室のお知らせをいたしますね。

 

2月は京町堀hitofushiと土佐堀店併設のカフェmikuriで、2つのお教室をご用意いたしております。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

2月23日 【 雨水 | 布 仁美 手まり作り 教室 】

 

お雛飾りは二十四節気の雨水の頃に出すと良いと言われています。

大人になって、雛飾りを出すこともなくなったとしても女性はいつま でも女の子。

自分の雛祭りを飾るために、かわいい手まりを作ってみま せんか?

もちろんお子様の初節句のお祝いにもおすすめです。

 

3、4時間もあっという間のとても楽しいひとときです。

難しそうですが、丁寧にご指導くださいますので安心してご参加くださいね。

 

ちなみに、こちらが昨年のお教室の様子です。

http://hitofushi.jugem.jp/?eid=1606

 

 

2月23日(土) 13時〜( 所要時間3〜4時間 )

 

定員/8名

参加費/3500円(お茶、菓子付)

持ち物/特にありません

 

会場:京町堀hitofushi お申込06-6225-7675

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

2月24日 【 ひな菓子 | ひちぎり教室 】

 

水で邪気を祓う上巳の節句に、母子草(春の七草のゴギョウ)を食べる中国の風習が

日本の宮中行事として伝わり、それがいつしか、女の子のすこやかな成長を祈る菓子として

よもぎ餅を引きちぎって餡をのせ た節供菓子「引千切」が誕生しました。

 

今年はすでに摘み頃のよもぎが育っていることもあり

今回のお教室では野摘みの野生よもぎを使ってみようとおもいます。

 

どこか男雛、女雛にも見える愛らしい菓子、楽しく手作りしてみましょう。

 

2月24日(日) 15時〜 (所要時間2時間)

定員/6名

参加費/2500円(材料費込、お茶付)

持ち物/特にありません

 

会場/土佐堀店併設  Dining & Cafe mikuri

 

お申込06-6225-7675(京町堀hitofushi) mikuri店頭でも受付いたします

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

ワークショップに参加される生徒さんから

「たまにこうやって 無になって物作りすると、なんだか癒される・・・」

というお言葉を良く聞きます。

 

そんなひとときを hitofushiとmikuriで過ごして下さいね。

 

 

よろしくどうぞ