入荷情報|神楽南蛮と田子節みそ

立秋を迎え、こよみの上ではもう秋。

 

毎朝見かけるひまわりは、

フライパンのような大きな頭を重たそうに下げ始めました。

 

その下には、種の中身を食べた鳥が残したであろう散らかった種皮。

 

 


 

 鳥はここで中身だけ食べていくんだな・・・

 

 あれ?・・・

 

 鳥は運ばない。

 熟したタネが、うつむいた自分の足元に垂直に落下していく。

 拡散しそうに無いこの繁殖方法を

 何故ひまわりは選んだのだろうか・・・と疑問が浮かびました。

 

 

 

気になって。

 

調べました 笑

 

 

巨大なひまわりは、主に油の採取のために作られた栽培種で

もはや「分散機構を失っている」のだそう。

なので、タネは鳥に落とされることはあっても自然にすら落ちないようです。

 

 

 なるほどね。

 

 やっぱり、ひまわりの都合でこうなっているわけでは無いということでした。

 

 

 

 

納得です。

 

すっきりしました 笑

 

 

 

 

 

ひまわりがうつむき始めると夏も終わり。

とはいえ立秋は一番暑い季節です。

 

 

 

 

 

 

 

さて。

完売していた神楽南蛮&田子節みそが入荷しました。

 

ちょうど良いタイミングで、我が家のもなくなりました。

 

 

 

暑い季節、ちょっとピリッとした味は特に美味しいです。

そのままつけて、

調味料として

 

いろいろ楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

今店にあるピリ辛たち。